カナダの人気都市 バンクーバーのイベント・人気観光スポットなどさまざまな情報を地図を交えて楽しく情報発信!

いろはにバンクーバー【カナダの人気都市バンクーバーについて、地図を交えて楽しく情報発信!】

MAPでGO-バンクーバー地図見て観光

ムシメン(赤むし)

バンクーバーでも男の料理

バックナンバーはこちらから

赤むし

バンクーバーの麺事情
カナダバンクーバーでは、アジアの人を中心にラーメンは大人気(およそ一杯$10)。
ラーメン店はダウンタウンだけでも4、5件はお目見えするほどだ。
人気の山頭火ラーメンや金太郎ラーメンなどは、いつ行ってもお客が並んでいる。

ただ、開店すれば必ず売れるんじゃないかと思わせた時代は、バンクーバー冬季オリンピックを境に過ぎさったようにも感じる。
今は、本物の質と味を求める時代に入っていったように感じる。

ここまで書いたら、ラーメンの特集かと思わせるが、今回はラーメン姉妹のやきそば、それもムシメンで攻めたい。

焼きそばは、作るのが面倒なのか中華店の安いチャウメンに押されているのか、それほどバンクーバーではメジャーでない…。
野球で言えば、ショート。ファースト,セカンド,サードといった決まった場所を持っているわけではないが、このポジション重要で上手い(旨い)。

中華系マーケットに行けば、いつでも生麺やムシメンに合える。でも今回はちょっとひと手間加えて、ラーメンの麺からムシメンに挑戦。

懐かしい味!しかもその名は、赤むし!(ここまで、話を引っ張るものでもないのだが…)
麺は二度蒸し、一度目で色をしっかりつける(*1参照)、ちょっと家庭用蒸し器では弱いのか、 それともバンクーバーの生麺はかんすいが少なすぎるのか褐色がもう少し欲しい。(それでも頑張った右写真中央)

やはり、昔の焼きそばには目玉焼きが必需品。
天かす(Fujiyaにて購入)、青のり、キャベツ、豚肉。ソースはオイスターをメインに味付け、最後に塩コショウ+ソースを足す。

秘密のお店
パウエルストリート沿いにある、オッペンハイマーパーク前のDouble happiness(製麺工場)は麺類(ラーメン、やきそば、皮類などなど)をスーパーに卸している製麺工場。
小売もして、スーパー販売価格より30%ちかく安いという秘密のショップ、今回数少ないサイトビジターさんにだけ教えちゃう。
Double happiness

焼そば(インスタント)こ話
学生時代インスタント焼きそば(四角い顔のぺヤングソース焼きそば)に惚れ込んで、ケースごとの大人買いをしてしまった、棚に並べて満足げにながめては、 毎日のように食べた結果、、社会人になってからは、インスタント焼きそばを見るだけで胃がキュッと締めつけられるような拒否反応を起こすようになってしまった。
現在はインスタント麺もたまに食べると美味しく感じるようになったが、無理な食は慎むことを知った時代だ。

一度は食べてみたい焼きそば
富士宮やきそば!聞いたことがあるかもしれないが、意外に癖になる食感。是非、富士宮を訪ねることがあったら試してみて下さい。



*1赤むしと呼ばれた、ムシメン。
単にラーメンの麺を蒸しただけなのだが、麺に含まれるかんすいは蒸して熱を加えることにより 赤く褐色していく、その特性を利用して赤い麺を作る。普通のラーメンの生麺を茹でたものは、ベトッとくっついてしまい、麺も柔らかすぎて食べれたものではない。 もちろん業務用蒸し器での製作が一番だが、なんとか家庭用で、もどきは出来た。
ポイントは、一度目の蒸しは強火でしっかり色付け、完成した赤むしは冷蔵庫で冷やしておく。

この赤むし、静岡の地方テレビでも取りだたされて、取材に来た代物(その日ばかりは、あれっ?こないだテレビ出てたねっ!ってちょっとした製麺屋の息子も有名人気取り)。
この怪しい色のお店がDouble happiness。 蒸し終えて褐色がかった麺。 ついでに冷やしラーメンもつくちゃう。


glam nail studio-ネイル
ちょびっと気になるバンクーバーの情報
【合味道】まさにNissinカップラーメン(シーフード味)
Vancouverの宝くじのお話
Vancouverのチラシサイトご紹介!いち早くお得情報をゲット。