カナダの人気都市 バンクーバーのイベント・人気観光スポットなどさまざまな情報を地図を交えて楽しく情報発信!

いろはにバンクーバー【カナダの人気都市バンクーバーについて、地図を交えて楽しく情報発信!】

MAPでGO-バンクーバー地図見て観光

グルタミン酸ナトリウム-MSG

知って得するマメ知識アップ!

バックナンバーはこちらから

バンクーバー豆知識

グルタミン酸ナトリウム (Monosodium Glutamate)
通称MSG!
人工的に精製した調味料、体に良い筈はない!
こっこれは、絶対にカラダに悪いっぞっ!!というイメージが先行されている!

グルタミン酸ナトリウム…塩分過剰摂取!!
石油から作られているんだっ! いやっサトウキビだ! 本当か?
頭だって悪くなる!
いやっきっと性格も悪くなる!!
と、までは言われていないが、北米でもNo MSG!の宣言をしているお店が多いのは確かだ。

よって今回は少しグルタミン酸ナトリウム、旨み調味料について調べてみよう。

旨み調味料といえば【味の素】。
ラーメンをはじめ、中華料理、焼肉店には欠かせない調味料のひとつでもある。
実をいうと、私(わたくし)、味の素信者のひとりである。

ナスのおしんこ(漬物)や、納豆、チャーハンには、そっと入れてしまう。
そういえば、むかーしから、我が家の食卓には味の素が置かれていた...。
そうかっ、知らぬ間にわが家系そのものが、信者であったのだ…。

どんな教徒でも、生まれながらにその環境で育てば、不信感を抱いたり疑問には感じない。
イスラム教、キリスト教、仏教、●×教、味の素教、どれも、彼らにとってはもともと生活の一部なのだ。と訳の分からないことを呟きながら、いつもの如く自分を正当化しようと焦っている。

幼き頃、味の素は石油から出来ているから体に悪いんだぞっという噂を耳にしてから【味の素=石油】というイメージが払拭されていなかった。

>> そう思いながらも使っていた自分が今になって怖い。

調べていくと...実のところ、昔は工業的に小麦粉などを分解してグルタミン酸ナトリウムを生産する作り方がメインであったが、この製法では大量生産が難しい。
そこで、研究により新しい手法として石油由来のアクリロニトリルを利用し生産することを発見。しかし、この方法は、国会でも問題視されたさめ、そう長くは続かなかったらしい。

>> 全くのデマな噂ではなかったんだ…と今さらながら知る。

しかし、1960年代より原料は自然界のさとうきびからとれる糖蜜、でんぷんとなり、発酵菌の働きによりグルタミン酸を抽出している。

それでもMSGに対する健康への疑いは続く、
中華料理症候群という言葉を耳にしたことがあるんじゃないだろうか。
ある中華料理店で食事をしたお客が、顔面の圧迫感や手足のしびれ、頭痛などを感じた。原因を調べると大量に使われていたアミノ酸などが作用したためということから名づけられた。

>> ほーっ(←知らなかったのバレバレ)

また、中華料理店で食事をした後、動悸や全身の脱力感などの症状を感じ始めたある医師が、血中のナトリウム濃度から、大量の塩、つまりMSGが原因であるのではないかと書いたことが、 New York Timesに取り上げられ【中華料理店症候群】は、一躍有名になった。

その後もハツカネズミへ多量のMSGを注入した試験の結果、脳障害などの問題があるという見解が出され、MSGに対して健康マニアからの嵐のようなバッシングが始まったらしい。

しかし、他の研究者によると、お猿を使っての実験結果、異常は見つけられなかった。さらにグルタミン酸を含む食事量に対する人間脳内のグルタミン酸塩レベルの変化も認められなかった。
よって今だにMSGが人のカラダに与える害は、立証されていない。

それでも、人工で精製されたグルタミン酸は自然界では有り得ない高濃度で使用できるため、味覚の破壊(味を感じにくくなる)という論争では、確実にMSGは弱い立場に置かれている。
味を感じる細胞「味蕾」は、たまにアミノ酸などが入ったものを食べると、口がベタベタして舌がおかしく感じるのは、このセンサーが麻痺するからなんですって。(あるある)

どんなに体に必要なモノでも、食べすぎは(摂取しすぎは)良くない。
砂糖や塩だって、とり過ぎれば身体に悪い。(塩なんて30~300グラムで致死量にいたっちゃう/個人差による。財団法人日本中毒情報センターより)

今後もMSG論争は続くのでしょうが、悪いという疑いがあるのなら採らない!
適量であるのなら、根拠の無い変な噂に左右される必要はない!
どちらの選択も、今のところは自由なのでは…。

ただ言えることは、こないだ、新しい袋を買っちゃった我が家の食卓には、味の素がなくなることは、しばらくないだろう。
と、いうより、もったいなくて捨てられない。


ついでに、もうひとつ! 
パンには、塗りやすさと、まろやかさから、やっぱりマーガリンだっ!と思っていた私たち!(なぜか仲間を増やしている)
通常のマーガリンは、水素添加によって作られ、トランス脂肪酸を7%前後、ファットスプレッドは5%前後含む。
このトランス脂肪酸が議論の的!えーっという記事が出るは出るは、大丈夫??
調べていくと、あれっ人気ハンバーガー店Mさんの油ってトランス脂肪酸を使用しているの?
ちょっとショック。
Mさんに直接聞くなんぞ、凄い人
腐ることのないマーガリン、まったくアリの寄り付かないマーガリン。ヨーロッパでは販売中止などと聞くと…

バターだよ!パンには、やっぱりバターだよ!とお調子者は数分で、見解がひっくり返った。

どんな事でも、人は負の情報には敏感なんでしょうね。



glam nail studio-ネイル
ちょびっと気になるバンクーバーの情報
【合味道】まさにNissinカップラーメン(シーフード味)
Vancouverの宝くじのお話
Vancouverのチラシサイトご紹介!いち早くお得情報をゲット。