カナダの人気都市 バンクーバーのイベント・人気観光スポットなどさまざまな情報を地図を交えて楽しく情報発信!

いろはにバンクーバー【カナダの人気都市バンクーバーについて、地図を交えて楽しく情報発信!】

MAPでGO-バンクーバー地図見て観光

バンクーバー基本情報

  •  
  • バンクーバーでの交通手段
    バンクーバーでの主な交通手段は、バス、スカイトレイン、シーバスである。
    上記3種の交通手段は全てトランスリンク社が運営するが、この乗り継ぎシステム、慣れるまで少し面倒である。
    ただし、一度慣れてしまえば意外に便利。是非使いこなしてバンクーバーを身近に感じてもらいたい。

    この交通機関、メトロ・バンクーバー内を3つのゾーン(区域)に分けている。移動したいゾーンごとに料金が変わる。
    トップページのマップ参照してもらえばわかるが、ピンクの破線ZONE LINE(ゾーンライン)で区切れる。
    チケットを始めに利用したZONE内を1ZONEと考え、ラインをまたがった隣ZONEが2ZONEになる。
    (ダウンタウンでチケットを利用してニューウエストミンスターに行けば2ZONE移動である、さらにサレーまで足を伸ばせばダウンタウンから考えて3ZONEになる)
    チケットは購入ZONE内なら90分間は乗り放題(バス、スカイトレイン、シーバス)です。つまり、3zoneを購入すれば、ダウンタウンからサレーまで行き、90分以内ならそこからまた返ってくることも可能です。

    有効時間内に購入したZONEよりもさらに遠いゾーンに入りたいときは、差額の分だけ支払う。(1zone→2zone→3zone)
    バスでの初乗りの際は料金ボックスにお金を入れると、運転手がトランスファーチケットを出してくれる。そのチケットを持って90分間乗り放題。(次またバスに乗る時はこのトランスファーチケットを 料金ボックス横のチケット入れに差し込む)
    チケットの裏には現在のゾーンと、有効の時間がプリントされる。
    6時30分以降または土曜、日曜休日は全てのゾーンが1ゾーンで乗れる。

    1DAYPASSや回数券や定期券もある。(セブンイレブンなどのサインがあるコンビニなどで購入可能)
    バス
    市バスは、前乗りで後ろ降り(前から降りても構わない)。
    初乗りの場合は、お金を料金入れに入れる。横からトランスファーチケットがでるのでそれを受け取る。
    すでに、トランスファーチケットを持っている場合は、チケット入れが、料金入れの横にあるのでそこに差し込む。(裏表注意)
    降りる際は、窓際にぶら下がっている紐を引っ張る。(ストップランプが運転席の横上に点灯する)。
    ドアは自動で開かない。ドアのところにココにタッチというマークがあるので、触れてみる。
    冷たいことに、運転主が気づかず、降りる前に発進する場合もある。
    躊躇せず、バック ドア プリーズ!と大声で叫ぼう。
    恥ずかしい場合は、他に降りる人がいなそうなら、前から降りよう。 バンクーバー空港からダウンタウンへ
    今まで、タクシーか、バスの2通りの選択しかなかったが、冬季オリンピックの開催に合わせて開通したカナダラインにより便利になった。
    このカナダライン、空港より直接ダウンタウンの中心街シティーセンターへ。ジョージアストリート上のThe Bayがあるところ(美術館と図書館の間辺り)に付く。
    (確かにそこからがまた曲者だが、ゴロゴロスーツケースを転がすのもちょっと恥かしいかも)

    それでも、バスに比べればまだ良いですね。

    料金は、$3.75+$5(DayPasses(1日券)、Monthly FareCards(定期券)、FareSaver tickets(回数券)での利用でない場合) つまり、$5は観光客をターゲットにした追加料金ってわけですよね。
    トランスリンク

glam nail studio-ネイル
ちょびっと気になるバンクーバーの情報
【合味道】まさにNissinカップラーメン(シーフード味)
Vancouverの宝くじのお話
Vancouverのチラシサイトご紹介!いち早くお得情報をゲット。