カナダの人気都市 バンクーバーのイベント・人気観光スポットなどさまざまな情報を地図を交えて楽しく情報発信!

いろはにバンクーバー【カナダの人気都市バンクーバーについて、地図を交えて楽しく情報発信!】

MAPでGO-バンクーバー地図見て観光

バンクーバー基本情報

  •  
  • アパート・ホームステイどちら派?
    アパートレンタルでは、管理人との契約が必要で、レンタル条件として1年以上の滞在が必要になる場合が多い。
    短期や家具付きの場合、割高になる。

    シェアーの場合は先に入っている人が、管理人と契約を済ましているので、居候の感覚で滞在できる。
    家賃は、管理人と契約している人に支払う(入居時敷金として家賃の4分の1もしくは、人数分で割った額を預ける場合もある)。

    バンクーバーでは、学生間での部屋のシェアーはごく当たり前のように行われている。
    もちろん、友達同士での滞在なら気心しれている部分もあるが、全くの他人や、異国の人とのシェアーは相手の人により滞在のイメージも大きく左右される 他国の人とのシェアーは新鮮味があるし、英語の勉強にもなる一面もある。

    ホームステイに関しては、日本で決めなくては、ならないのなら、始めはスクールエージェントに頼むのが安心。
    ただし、カナダだからカナダ人(金髪の北米人)の家庭に入れると思ったら大間違い、特にバンクーバーは移民の都市。
    しかも、ホームステイを受け入れる家庭は、その代金を、家購入時のローンにあてている家庭が多いので、アジアからの移民者で家を購入した中流家庭が多い。
    アジアの人でも、もちろんこちらで育った人たちが殆どなので英語環境、とてもやさしい家庭もたくさんあるので、一概にどちらが良いかは言えない。
    可能なら、はじめのうちだけ、ホームステイをし、残りの滞在は現地でまた考えるのも一つの案かもしれない。
    もちろん、日本人がホームステイを受け入れている家庭もある。(配偶者がカナダ人の場合も)

    決まりごと
    日本で言う敷金、礼金という考えについてだが、バンクーバーでもデポジットというものがある。
    これは、日本での敷金にあたるものだが(保障金)、契約解除時に返してもらえる。
    クリーニング代は引かれるところが多いが。
    また、金額は法律で1ヶ月の家賃の半額までと決まっている。
    契約の解約時には最低でも1ヵ月前には告知(書面)しておかなくてはならない。
    遅れると翌月までの家賃の請求をされるの注意。

    告知後、部屋の空き情報が公開されるので、部屋を管理人と一緒に一般の人も見に来る機会が出てくる。常時綺麗にして貴重品を置かないようにしておこう。
    それがいやなら、管理人に言って先に自分で部屋の引継ぎ者を見つけても構わない。

    洗濯は通常、共同コインランドリーが1階にある。
    乾燥機、洗濯機、それぞれおよそ$2前後。(コインを直接入れる場合とカードを購入するケースがある)
    アパートによるが、特に個人で部屋貸しをしているところは、室内洗濯機もある場合がある。

    現地でアパート探し
    バンクーバー現地についてからアパートを探したりする場合。
    新聞のクラシファイドやインターネットの掲示板が役に立つ。
    スーパーやモールや、お店などのフリー掲示板にも張り出されている場合がある。
    後は、自分の足でアパートを回りVACANCYの看板が出ているところを探す。
    空き部屋サインが出ていれば、その看板に直接内容が書いてあったり、玄関のドアに条件が張られている。 管理人に電話するか、インターホンでマネージャールームに直接連絡してもよい。
    部屋を見たいのなら、あらかじめ電話での連絡で予約をとっておくほうが確実。

    テイクオーバー(引継ぎ)
    インターネットや新聞を見て日本人から部屋を引き継ぐ場合。(もちろん日本人に限らない)
    テイクオーバーという言葉をよく目にする。
    これは、タンスやベッド、TVなどその他の小物類を引き継いで買ってくださいという意味。
    住み着く場合でないのなら、最長でも数年でこの部屋を立ち退くはず、その際引越しならよいが帰国なら全ての家具類の処分に困ってしまう。
    リサイクルショップに売っても二束三文。
    同じように、引っ越してくる人が、短期滞在なのに全ての家具、電化製品をそろえるのは一苦労。
    よってお互いの利があるように、ある程度の金額で全てのものをそのまま引き継いでください。というシステム。
    部屋の紹介の場合、テイクオーバーは絶対条件といってくるところもある。
    ただこのテイクオーバーが日本人の場合やたら高い。
    引き継いだ人は引き継いだときの値段で請求してくるから。壊れない限り減価償却など考えない。(使ってる最中に壊れたら運が悪いと思うくらい)

    以前新しいアパートを探している際にテイクオーバーも付いていたが、ドイツの女性だったためなのかTV、タンス、机、ベット、食器類、テーブル、布団、ランプなどなど合わせて全てで$200くらいで良心的でした。
    スリフトショップ(セカンドショップ、リサイクルショップ)などへ足を運び、相場の値段をチェックしてみるのも面白い。
    更には、引越し時期(月末)などは、大きいマンションの裏口にまだまだ使える家具や代物が捨ててある。
    空き瓶を探しているホームレスに間違えられぬよう、まさにトレジャーハンティング!

glam nail studio-ネイル
ちょびっと気になるバンクーバーの情報
【合味道】まさにNissinカップラーメン(シーフード味)
Vancouverの宝くじのお話
Vancouverのチラシサイトご紹介!いち早くお得情報をゲット。